はみがきテスターおきました

January 25, 2018

 

動物病院で健康診断をした際に、口の中を見られたことはありませんか?歯石がついていたり、歯肉炎を起こしているワンちゃんはいっぱいいますが、そのほとんどは放置されています。

 

残念ながら、犬が毎日歯磨きするなんておおげさでしょ?という考えがまだまだ一般的です。人間で考えてみてください。歯石がびっしりついた歯で、その人は健康でしょうか?または、今後も健康でいられるでしょうか?

 

2歳以上のワンちゃんの80%が歯周病といわれています。歯周病菌は、口臭の原因になるだけでなく、アゴの骨を溶かしたり、内臓の病気の原因にもなります。

 

年をとって口の病気で食べられなくなる前に、はみがき習慣をつけませんか?

 

まずは、一日のうちにタイミングを見つけてみてください。ご飯後すぐ、一緒に寝る前、散歩の後など、ワンちゃんの欲求が満たされて比較的落ち着いてる時間帯がおすすめです。そのタイミングで口のまわりを触ってみます。触らしてくれない子は抱っこをしてもいいですし、真正面からではなく、横にいるときなどに他の部分をさわりながら徐々に口元に近づけていくなど、ちょっとだけ、ちょっとだけを続けます。最初は遊ぶだけと気楽にとらえてください。ごほうびをあげてもいいです。(デンタルジェルをなめさせて、ごほうびにしても。)コミュニケーションをとることで、ワンちゃんとの信頼関係強化にもつながりますので、まずはお試しください。

 

慣れたところで「もふもふ」に立ち寄ってみてください。受付にテスターを用意しましたので、ご自由にお試しいただけます。

 

歯科治療について

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

「犬の問題行動への対処方法」と「保護犬の迎え方」

2019/11/25

当院でパピーパーティとしつけ教室を開催している川原志津香先生が、東京都動物愛護相談センターのホームページのコラムを書かれています。「犬の問題行動への対処方法」と「保護犬の迎え方」の2つを担当されました。川原先生が実際に保護犬を迎えてからの実体験が書かれていますので、年を取ってからの教え方など多くの方...

1/5
Please reload

最新記事

2019/06/12

2018/06/13

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload