フィラリア・ノミ・マダニ予防

フィラリ・ノミ・マダニ予防

1年の中で、4月と5月は予防を始めるのに最適なシーズンです。

フィラリア予防について

 

フィラリアってどんな病気?

フィラリアの幼虫は蚊によって運ばれてきます。蚊に刺されて幼虫が皮下に入ると、2〜3ヶ月ほどで血管に到達し、心臓へと移動していきます。その間に予防をせず、フィラリアが心臓へ到達してしまうと、心臓と肺はダメージを受け、血液の流れが悪くなり、突然死を含む様々な症状を引き起こします。また成虫の駆除は非常に困難です。治療方法は、心臓の中の成虫を手術で取り出したり、ヒ素剤の投与などを行います。

予防の効果と時期

フィラリアの予防は、幼虫が体内に侵入してから到達するまでの間に、お薬で幼虫の駆除を行います。そのため蚊が発生しはじめる4・5月から、完全にいなくなってプラス1ヶ月の12月までが予防期間となります。

 

フィラリアの検査は必要?お薬の危険性について

​予防薬の投与を安全に行う為に検査をおすすめしています。万が一フィラリアに感染している状態で、予防薬の投与を行うと、ミクロフィラリア(大量に産まれてきたフィラリアの赤ちゃん)の急激な死骸により、アナフィラキシー反応で命に関わることがあります。当院では、フィラリアの検査に合わせて健康診断も行なっております。

 

ノミ・マダニ予防について

 

ノミ・マダニを見つけてからでは遅い?

ノミ・マダニが吸血することで、感染してしまう様々な感染症が存在します。ノミ・マダニが皮膚に付く前に予防することが重要です。感染症の中には、人に感染する「SFTS」という死亡率の高い病気が、近年増加してきています。人もお散歩時など、草むらに入る際は、肌を露出しないようマダニ対策をおすすめしています。

ノミ・マダニの予防時期

ノミは3月〜12月までが活動時期です。一方、マダニは生命力が強く、1年中活動します。万が一に備えて1年を通しての予防が必要です。

 
 

おすすめの予防薬

ここ数年で、フィラリア・ノミ・マダニのお薬は、様々なタイプのものが出てきています。例えば「皮膚に垂らすタイプ」「飲み薬タイプ(錠剤やおやつ)」「注射タイプ」など。しっかりと予防する為には、きちんとお薬をあげることが大切です。お家の子と飼い主さんに合ったお薬を選びましょう。

お薬の選び方

・ワンちゃん・ネコちゃんのストレスが少ないか。

・飼い主さんがあげやすいか。

当院おすすめのお薬

ついついお薬をあげ忘れちゃう方

フィラリアの予防薬…1回の注射で1年間有効な『プロハート12』

ノミ・マダニの予防薬…1回の投薬で3ヶ月有効な『ブラベクト』

予防薬をひとつにまとめたい方

フィラリア・ノミ・マダニを予防するオールインワンの予防薬

この他にも当院では各種取り揃えております。どのお薬がお家の子に適しているか、獣医師にご相談ください。

copyright©︎2017. mofmofanimalhospital

サイト内の文章、画像などの著作物はもふもふ動物病院に属します。複製、無断転載を禁止します。

17東京都保第​102483号