歯科医療

人と同様、ワンちゃん・ネコちゃんはもちろん、ウサちゃんやハムちゃんも定期的に歯の健康チェックをしてあげましょう。歯について疑問に思った事は何でもご相談ください。

​例えば、

・お口が臭いのはどうして?

​・麻酔をかけても大丈夫?

・どうすれば歯磨きをしてくれる?

​・歯ブラシは何を使えばいいの?

 

​ワンちゃん・ネコちゃんの治療について

 

ワンちゃん・ネコちゃんのお口の臭い気になりませんか?

口臭の原因として最も多いのは、「歯周病」です。歯周病になっているお口の中には、非常に多くの「歯周病菌」が存在しています。この歯が歯垢を生産し、歯石が増え、口臭の原因となっています。

 

歯周病以外の疾患でも口臭がきつくなることがあります。

例えば、口の中の「メラノーマ」や​「扁平上皮癌」といった『悪性腫瘍』、「腎疾患」や「肝臓疾患」などの『内臓疾患』などでもお口の臭いがきつくなります。口臭が気になる場合は早めにご相談ください。

 

歯周病について

3歳以上のワンちゃん・ネコちゃんの80%が歯周病です!

​歯周病とは、「歯肉炎」「歯周炎」のことをいいます。「歯肉炎」とは歯肉の炎症のことをいいます。歯周炎はさらに深い部分(アゴの骨と歯がくっついている部分)にまで炎症が及んでいる状態をいいます。

ワンちゃん・ネコちゃんは、人間のように歯の表面が溶け出して起こる「むし歯(う歯)​」はあまり起こりません。一方。歯周ポケットに歯垢が溜まることで起こる「歯周病」「歯槽膿漏」は非常に多く発生しています。歯垢は、食べ物の残りカスと細菌の塊です。この歯垢が歯周ポケットに溜まると「歯肉炎」を引き起こします。ほおっておくと、唾液中のミネラル分によって3日で歯垢が歯石になり、その表面はザラザラしているためにさらに歯垢が蓄積しやすくなります。ケアを怠ると歯周炎をさらに悪化させるという悪循環を起こします。

歯周病を放置すると

歯肉炎を放置して「歯槽膿漏」を起こすと、どんどん歯茎は痩せてきて、歯を支えている顎の骨もどんどん溶けていき、歯が抜けてしまったり、アゴの骨を骨折したりします。歯周病がかなり進行してまうと、下のアゴの骨が溶けて無くなってしまうという恐ろしいことが起こります。また上アゴの臼歯の根っこの先の部分(根尖部;こんせんぶ)に膿がたまり、骨を溶かしていきます。歯周炎の場所によっては、皮膚の下に膿を貯めて皮膚を破って出てくることがあります。このことを病名で「根尖部膿瘍(こんせんぶ  のうよう)」や「眼窩下膿瘍(がんかか のうよう)」といいます。また、上アゴの犬歯など、前の方にある歯の根っこは、鼻の穴の近くにあります。ここの歯周炎がひどくなると鼻の穴と口とが繋がって穴ができ、鼻水・くしゃみの原因となることもあります。病名は「口腔鼻腔瘻(こうびくうろう)」といいます。

 

ネコちゃんは歯肉炎に関連して、歯を溶かす細胞「破歯細胞」による、健康な歯がどんどん溶けていく病気があります。また歯周病は全身の病気(腎障害や関節、心臓病など)の原因となることも分かってきています。

ないがしろにしがちな歯のケアですが、「歯周病も立派な病気の一つ」です。​

健康な歯や歯肉を維持するためだけではなく、ワンちゃん・ネコちゃんの全身の健康を保つためにも毎日のデンタルケアはとても大切です。

 

デンタルケアについて

日常的なケアとして一番良いのは「歯みがき」です。歯ブラシを使った歯みがきがとても効果的です。歯肉のフチが少し赤い程度の歯肉炎でしたら、歯みがきで改善が見込めます。ただ、残念なことに歯みがきを嫌がる子が多いです。

このような経験はありませんか?

歯みがきをしなければと必死になって無理やり頑張る

押さえつけられたワンちゃん・ネコちゃんは嫌な記憶が残る

​何度もされる事で余計に嫌がる

嫌がるがそれでも頑張る

凶暴になったり言うことを聞かなくなる

あきらめる

歯みがきを上手にするコツ

歯みがきの時間を「楽しい時間」「嬉しい時間」「おいしい時間」にすることで、ワンちゃん・ネコちゃんの意識を変えることが大切です。歯みがきもスキンシップの一部として、飼い主さんも楽しく取り組みましょう。性格の違いによって好みがあります。その子に合うやり方を見つけていきましょう。

元気な子

「歯みがきガム」や「縄状に編んだおもちゃ」で、引っ張り合いをしながらお口の中を万遍なく噛ませて歯を磨きましょう。

おっとりして、撫でられるのが好きな子

おいしい「歯みがきペースト」を指先に付けて、お口の中を触ることからスタートし、徐々に歯ブラシを使った歯みがきに慣れされていきましょう。

歯ブラシを使う前までのステップとして、歯みがきシートや歯みがきガムなど様々なアイテムがあります。歯みがきでお悩みの方は一度ご相談ください。

オススメのデンタルケアのサイトです。

 

歯の治療方法について

症状がどれほど進んでいるか、どこまでの治療が必要かを判断するために、レントゲンの撮影や歯周ポケットの深さをはかる検査が必要になります。

麻酔下での歯石除去

ワンちゃん・ネコちゃんにとって歯石除去は痛みを伴います。一度ついてしまった歯石は、専用の器具を使わなければキレイになりません。悪化の原因になっている歯周ポケットの歯石を除去する時に痛みを伴います。重度の歯周病の場合には抜歯が必要になることも多々あります。​検査・処置で痛みや怖い思いなどのストレスを軽減させたり、安全性の確保といった点から麻酔をオススメしています。

無麻酔の場合、歯の表面や露出している歯石は何とか我慢してキレイにさせてくれたとしても、歯周病の原因となる歯周ポケットまでは痛みで治療させてくれません。また、痛みと怖い記憶で、今後のお口のケアをますます嫌がってしまいます。

当然全身麻酔のリスクはあります。そのため麻酔をかける前には、全身の健康状態をしっかりと把握して処置を行います。麻酔治療をする上でリスクを伴う持病は、てんかんなどの「神経病」、進行した「心臓病」や「腎機能障害」「肝機能障害」「呼吸疾患」などがあります。その子の容態によって、リスクを負ってまで麻酔をかけて歯科治療を行うべきかを検討・判断していきます。麻酔中には、全身の状態を常にモニターし、適宜麻酔の調整をすることで、リスクを最小限にするよう努めています。

通常、麻酔下での歯科処置は日帰りで行っておりますが、基礎疾患がありリスクを伴う場合や侵襲がある程度大きな処置になった場合(大きな歯を抜歯するなど)、1泊ほど入院をして鎮痛管理を行ったり、全身状態の管理・モニターをしっかり行ってから退院となります。

麻酔をかけられない患者さんについて

全身麻酔をかけられない場合でも、口腔ケアをすることができます。最近では炎症を抑えるお薬で、副作用の少ないものが出てきています。また、口腔内細菌を抑えたり歯垢を分解するようなケア用品なども充実してきています。「高齢だから」「心臓が悪いから」と諦める前に一度ご相談ください。

 

小動物の治療について

ウサちゃんやハムちゃんのように一生歯が伸び続ける子たちの中には噛み合わせが悪いことで、歯が伸びすぎてしまい、上手に噛めなくなったり、口内炎になったりすることがあります。気になる場合は早めにご相談ください。

お口を健康に保つことで、飼い主さんと動物がより長く幸せな暮らしを送れることを願っています。

copyright©︎2017. mofmofanimalhospital

サイト内の文章、画像などの著作物はもふもふ動物病院に属します。複製、無断転載を禁止します。

17東京都保第​102483号